デイリーポータルZは長く続いてますね

長いですね。でも気を遣いますね。ライターもみんな歳を取ってきたんで、変わった面白いことがあるからやろうよと言っても、そんな急に言われても困るみたいな感じで(笑)。

今ライターはどれぐらいらっしゃるんですか?

いま40人ぐらいですね。主要メンバーは20人ぐらいですけど。ライターにはこっちから余計なことを言うようにしています。面白いネタを考えてくださいと言っても困っちゃうだろうし。

よくごはんを食べに行こうというときに、「マクドナルドでどう?」という方法があるって本で読んだんですよね。そうするとみんな嫌だから考えるじゃないですか。マックじゃないところにしようって。だからライターには「マクドナルドでどう?」と言い続けている感じかも。ただデイリーポータルZのライターはみんなマックで良いと言いそうですけどね(笑)。

切り返しを待つ感じですよね?

そうですね。その切り返しの中から拡がっていきますね。今度こういうことがあるから、この人は好きかなとか。ライターさんたちを面白がらせるように心がけていますね。

だから、そういうチャンスがなくなっちゃうので、本当にリモートワークなんかで会わなくなるのは危険ですよね。ネットの人にリアルで会うと、たいがい好きになるじゃないですか。会って本当に嫌なやつだったことは、あまり無いですよね。そんな急に近くに来た猫を蹴飛ばすような人はそうそういないから、大概普通の人だったよとなる。会うとすごくお得なんですよね。リアルに話すと情報量が多いから、会って話すのって互いに親近感を持てるし、チャットの数倍以上の情報を交換できる。すごく便利なんで、みんなこの便利さに気付かないで欲しい。僕だけはこの方法をやるので、みんなはリモートワークを推進して欲しいなあ。そういう心が狭いことを思ってます(笑)。

ネットの方が便利だと思うときもありますけどね。確かに一回仲良くなれば、仕事のちゃんとした依頼はネットのほうが早いし便利ですよね。大概ネットのほうが便利だけど、出来ないのは雑談だけですね。

ネットで雑談はあまりしないですもんね。

そうですね。急にメッセンジャーやSlackで、セブンのお菓子、おかしいよねとか急に送れないじゃないですか。うざいと思うじゃないですか。

温度感が伝わるネットがあればいいですよね。

そうですね。

相手はこっちの温度感で受け取るじゃないですか。だから向こうがノリとしてめっちゃ軽いノリで言っても、相手はめっちゃ何か強いものが来たってことがあるじゃないですか。

そうですね。バカだなーってメッセンジャーで書くと本当にもうひどい言葉に見えちゃいますもんね。だから本当に気を遣います。

リアルとネットで最近感じていること

また地味ハロウィンなんですけど、リアルとネットで最近思うことがひとつあるんです。当日の様子がネットに流れると、面白い面白くないで批評されちゃうじゃないですか。でも当たり前ですけど会場で面と向かって面白くないという人はいないんですよね。そんな無礼なやつはいない。だから現実の方が本当に優しいなあ、楽ちんだなと思って。

SNSは特に先鋭化しちゃいますもんね。

そう、すぐ揚げ足取ろうとするし、ずっと怒っている人がいるじゃないですか。大概みんな何か怒ってますよね。あれは何ですかね。

昔は怒っている人はあまりいなかったですよね。

うん。今はいろんな人がいろんな事情で怒っているなと思って。で、地味ハロウィンだと同じイベントに参加している仲間感もあるし、自分も仮装をしているから面白くないなんて言うわけない。現実のほうが優しいですね。会場ではポジティブなフィードバックがあるから楽しいですよね。イベントの会場の中はコミュニティというか対人じゃないですか。

でもそれがツイッターに写真として上がると途端にコンテンツになるので、面白い面白くないという判断基準になってしまう。コンテンツとして急に消費されちゃうじゃないですか。あれが怖ろしい。その場所にいれば、人となり込みで面白いですねと言えるじゃないですか。地味ハロウィンのようなリアルの場だと、仮装は面白くないんだけど話が面白いとか、感じが良いとか、そういう人とセットで判断されますよね。人が切り離されると急にひどいことを言えるようになる。

そう言う人はその場にいないですね。

来てほしいんですけどね。でも来ない人にうすっぺらなコンテンツじゃなくて人も込みで伝えるにはどうすればいいんでしょうね。

コンテンツを生み出す場所は財産

自分で記事を書いても、まあ、そこそこ受けてそれで終わりですからね。2日後にはみんな忘れてますから。

財産でいえばデイリーポータルZだとライターの集まり、地味ハロウィンでいえば来場者。あそこが一番大事なんだろうな。コンテンツを生み出すところだし、どんどんコンテンツが出てくる集団じゃないですか。

林さんはその場の設定を上手く作ってるんでしょうね。

そうですね。そこの動き方や、そこのケアもちゃんとやらなきゃって思いますね。みんなソッポ向いて原稿を書かなくなったりしたら終わりじゃないですか。あと読者も緩やかなコミュニティなのかな。デイリーポータルZがつまらないと読者に言われると、「えっ、どうしよう」と思いますけど、会社の偉い人に、つまんないと言われても、一瞬焦るけどまあ本質じゃない。読者さえいれば食いっぱぐれないじゃないですか。そういうコミュニティをどうやって維持していくか、なんだろうな。

コミュニティーさえあれば、食いっぱぐれないと思います。自分もまだまだ面白いものは書ける自信はあるんですけど、でもやっぱり怖いから、面白い人はいっぱい集めたい。人生の保険として集めたいですよね。

その方が面白いねと言っているだけで、生きていけるし。あとはその人たちが喜んで書いてくれるようなネタとか環境を見つけてきては振って、取材に付いていってキャッキャ楽しんで、自分は書かない。それは最高の人生ですね(笑)。